ゾンビの販売をしている店舗を収集、リズーナブルで驚きの価格で提供しています

  • 2017.12.05 Tuesday
  • 08:40
[広告] 楽天市場
  • 【楽天スーパーSALE 半額】ハロウィン コスプレ 花嫁 ゾンビ コスチューム 仮装 衣装 ホラー 大人用 ゴースト bride レディース 花嫁Halloween 花嫁ゾンビ コスチューム コスプレ 花嫁 セクシー
  • ホラー タトゥーシール 10枚セット 傷タトゥー ハロウィンタトゥー 傷タトゥーシール タトゥーシール ホラータトゥーシール コスプレ ゾンビ ゾンビメイク コスチューム 仮装 衣装 ハロウィン タトゥシール【メール便発送/代引不可】【即納】傷メイク メイク【h08】
  • ☆プレゼント企画中☆ カラコン ゼットアイ Z eye whiteblood 1箱2枚入り ハロウィン ビジュアル系 コスプレ ホワイトカラコン 1ヶ月 度なし 度あり Zeye 血糊 白 コンタクトレンズ 10P05Nov16
  • VAMPXX 1day(ヴァンプワンデー) 度なし 度あり ワンデー 1日 1箱4枚入り 全2色 DIA14.5mm  カラコン レッド ホワイト ハロウィン コスプレ ゾンビ ホラー 怖い
  • ゾンビの作法 もしもゾンビになったら [ ジョン・オースティン ]
  • ゾンビ マスク 肝試し グッズ 小道具 仮装 ロブ・ゾンビ 大人用マスク ハロウィン ホラー コスプレ

ゾンビが初めての人に教えてあげたいちょっとしたこと




▼先週を振り返る










今年最後の楽天スーパーSALEが現在開催中。
12月7日の深夜1時59分まで。






夏期に実施されるプライムデーと並び、
Amazon最大級のセールとなるサイバーマンデーが
楽天スーパーSALEの終了した翌日12月8日18時よりスタート。

楽天が「Google Home mini」を出してくるなら
おそらくAmazonは「Amazon Echo」を出して来そうな気もするが
現時点で私のところにもまだ購入OKのお知らせが届いていないので
順番待ちしているユーザーがサイバーマンデーで一掃されるのか、
セールには間に合わないのか微妙なところではある。
テレビでCMを大量投下中の「Fite TV Stick」は間違いなく出てくるはず。
プライムデーと同じならば、定価の3割引ぐらいだろうか。

セール告知ページではiPad、Nintendo Switch、
PlayStation VR、GoProなどがセール価格で放出されるとの記載もあり
品切れ中の人気商品もこのタイミングで一斉に復活しそう。
Switch本体やニンテンドークラシックミニなどをお探しの方は
8日からのセールは絶対にチェックすべし。



▼今週発売のコミック・書籍






▼2017年12月2週公開の新作映画








*Amazon取り扱いのムビチケは全てEメールタイプ。
 現物のチケットが郵送されるのではなく
 発券に必要なシリアルナンバーがEメールに送られてくるのでお間違えのないように。

今週公開される新作映画で注目は
何と言ってもこの1本で複数の大作映画が撮れるほどの
豪華キャスティングを配したアガサ・クリスティー原作の
傑作ミステリー「オリエント急行殺人事件」。



「十二人の怒れる男」のシドニー・ルメット監督が手掛けた1974年版、
日本でも三谷幸喜が脚本を務め、
フジテレビ系列で放送されたスペシャルドラマ版など
幾度かの映像化がされているが、本作は極めつけとも言えるキャスティング。
今回の監督はエルキュール・ポアロ役で主演も務めるケネス・ブラナー。
俳優としては「ダンケルク」、監督としては「シンデレラ」など
どちらでも活躍しているブラナーの呼びかけにより、
ペネロペ・クルス、ウィレム・デフォー、ジュディ・デンチ、ジョニー・デップ、
デレク・ジャコビ、ミシェル・ファイファー、デイジー・リドリーら、
若手から大御所まで隙間無くスターを敷き詰めた顔ぶれ。
ストーリーもオチも知っていても観たくなる、古典としての風格充分の1本だ。







▼今週発売のBlu-ray/DVD




今週の映画は、年末だというのに何となくマニアックな作品が多い。
洋画で私がお薦めしたいのが「ディストピア パンドラの少女」。
謎のウィルスのパンデミックにより
人類の大半が感染者となってしまった近未来を舞台に、
感染後も正常な人間と同じ知能を維持できている
ひとりの少女にスポットをあてたSF。
感染した他の人々はまんまゾンビなのでゾンビ映画でもあり、
高い知能を維持する少女の生き様を描いたSFサバイバルでもあり、
人間の愚かさを描いたスリラーでもある欲張りな作品。
演出はとても物静かで、いわゆるゾンビパニックものとは一線を画している。
誤解を恐れずに例えるなら、ゾンビ版「ぼくのエリ 200歳の少女」といったところ。
(*正直あれほど完成度は高くない。まだ荒削りだが魅力はある)







国際宇宙ステーションを舞台にしたSFサスペンス。
火星の土壌より発見された未知の生命体が
宇宙飛行士達を恐怖のどん底に叩き落とす定番の展開。
出演はジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、
レベッカ・ファーガソン、真田広之。
監督は「デンジャラス・ラン」のダニエル・エスピノーサ。

予告編を見るとどうしたって「エイリアン」を思い起こさせるし
実際に観てみてもやはり「エイリアン」の亜種であって、
同じSFで言うならば「パッセンジャー」と同じ
観れば面白いけれど没個性感は否定できない系統の典型的二番手。
ジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズ、
レベッカ・ファーガソンまで揃えてこの程度では
期待値に見合っているとは言い難いか。
ただ、先ほども書いた通り観れば面白い。
この手のジャンルがお好きなら観ても良し。
「エイリアン・コヴェナントや「ブレードランナー2049」、
そして何より「メッセージ」といった話題のSF映画が
次々と公開された2017年でなければもう少し注目されたであろう不遇の作品。






三島由紀夫作品の中でも異色と言われたSF小説「美しい星」を
「桐島、部活やめるってよ」「紙の月」など、
新作を発表するごとに大きな話題を集めている吉田大八監督が映画化。
時代設定を現代へと翻案し、平凡な家族が地球の危機を救うべく奮闘する姿を描く。
主演はリリー・フランキー。
共演は亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介。

「パーマネント野ばら」「桐島」「紙の月」など、
原作に絶妙なアレンジを加えて映画化することにかけては
邦画界No.1の吉田監督が、よりにもよって三島を手掛けるとは
冨永昌敬監督が「パンドラの匣」(2009年)を撮って以来の大事件。




演出は吉田監督の第1作目にあたり、当BLOGでも何度も取り上げて来た
「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ 」に近く、
突拍子もないストーリーに普遍的な家族の物語を織り交ぜた作りは
「桐島、部活やめるってよ」や「紙の月」といった
人間ドラマを期待して観ると返り討ちに遭うことは必至。
どこにでもある日常の風景にSFがなだれ込んで来るあたりは
阪本順治監督の「団地」にも通じる。
「団地」も藤山直美と岸辺一徳というどこから見ても平凡な夫婦を
主人公にして作られたSFで、終盤の展開には口あんぐりだった。

本作はリリー・フランキーも亀梨和也も橋本愛も中嶋朋子も、
皆マニアックな作品を経験済みなだけあって「団地」ほどの驚きは無いが、
吉田監督の脳内で展開する絵コンテをほぼそのまま映像化したように
役者とストーリーがぴったり重なっているように思える。
リリーはもともと変なお父さんに見えるし、
寡黙な橋下愛は生まれつきそういう子に見える。
吉田監督の爆発する原作愛を1mmも損なうことなく運ばれた物語は
長い長い奇妙なトンネルを抜けるとまさかの大感動エンディングへ。
これはやられた。
やはり吉田監督はただものではない。
変わった邦画がお好きならお手元に置いておきたい作品。お薦め。






「あん」の河瀬直美監督&永瀬正敏のコンビによる新作「光」も今週発売。
「あん」ほど分かり易いドラマではないが、原作付きを手掛けたことで
確実に監督に変化があったことがうかがえる。
良い意味でも悪い意味でも頭でっかちだった河瀬監督の「らしさ」が
ほんの少し顔を出しつつも、これまでよりずっとしなやか。

光を失う過程で心まで閉ざそうとしている天才カメラマンと、
音声ガイドという仕事を通し、言葉で伝えることの難しさに悩む女性。
二人の立場の違いを明確にして人生における光を模索してゆく。
映像と台詞から成る『映画』で伝えられることの限界を模索する
河瀬監督自身の思想を反映した求道的作品とも言えるかも知れない。
どこに出て来るのだろうと思っていたら何とラストに樹木希林がナレーション。
あれはズルい。
あの数分で涙腺が決壊した。







本国では人気がピークアウトしつつあるミニオンだが
日本はユニバーサルスタジオとの相乗効果もあって
まだまだ右肩上がりのシリーズ最新作。
「クレヨンしんちゃん」と同じく、いつどこから見ても
ミニオン達の憎たらしさ可愛らしさは変わらない。
笑福亭鶴瓶の吹き替えがいよいよお爺ちゃんのそれになってしまい
次回作あたりで交替を検討する時期に入っているような気がする。
もともと鶴瓶は鶴瓶にしか聴こえないわけで。






私のロボットアニメ好きはここから始まっているので
来年1月のリメイクも当然観に行くつもりにしているが、なんだこの値段は。
これだけサブスクリプションサービスが拡大している中で
パッケージを買うユーザーを減らそうとしているようにしか見えない。
「ウルトラセブン」のように、さらに数年後には値下げして再発するのだろうか。
むむむ、そこまで生きている自信もそろそろ無いし。



▼今週発売のゲーム






今週のゲームはPS4の中堅どころが多め。
任天堂から「ニンテンドークラシックミニSFC」が大量に再出荷されるなど
クリスマス商戦がスタートする12月最初の週末に向けて
各社ともに様々なキャンペーンを行っている。
Amazonではクリスマスプレゼントを調達する親の世代に向けて
ギフトラッピングセットを限定で用意。
ソフト用の小サイズと、Switch本体も収納可能な大サイズがあり。








PS4は本体購入で「NewみんなのGOLF」が付いてくる
マイクロソフトのお家芸であったソフト付き本体販促を実施。
期間も来年1月8日までたっぷり1ヶ月用意して
任天堂が存在感を増す年末商戦に挑む。



▼今週発売の新譜





椎名林檎が他のアーティストへ提供した楽曲を
セルフカバーした「逆輸入」の第2弾。
高畑充希が歌うかんぽ生命のCMソングを筆頭に、
友人であるともさかに提供した名作「少女ロボット」や
ドラマのエンディングに使用されていた「おとなの掟」など
前作以上に知名度・話題性の高い楽曲が網羅されている。
石川さゆりに一連の楽曲提供をした際に
「自分で歌うと中村勘三郎との関係を匂わせ過ぎるので
敢えて石川さゆりに歌わせたのでは」と紹介したのだが
こうして提供した全曲を自分で歌い直すあたり、
「もういいだろう」と判断したのではと邪推してしまう。
私は、彼女のそういったしたたかさは嫌いではない。

01.「人生は夢だらけ」(高畑充希)
02.「おいしい季節」(椎名林檎)
03.「少女ロボット」(ともさかりえ)
04.「暗夜の心中立て」(石川さゆり)
05.「薄ら氷心中」(林原めぐみ)
06.「重金属製の女」(深津絵里)
07.「おとなの掟」(松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平)
08.「名うての泥棒猫」(石川さゆり)
09.「華麗なる逆襲」(SMAP)
10.「野性の同盟」(柴咲コウ)
11.「最果てが見たい」(石川さゆり)






インディーズ時代と何ら変わることのない危うさと
インディーズ時代からは想像もつかない包容力を身につけ
無事にデビュー20周年を過ぎたCoccoの記念ライブ2日間をBlu-ray化。
各21曲、全42曲を歌い千切った彼女のパワーをパッケージ。






「アナ雪」の大ヒットでも表舞台には登場せず、
代わりに出てきたMay.Jが「お前じゃない」と火だるまにされるという
皮肉な現象を起こしてしまった松たか子のニューアルバム。
かれこれ何年出ていなかったのかもう記憶にもない。
と思ったら実に8年振りなのだとか。
朝ドラで使用されているリードシングルの「明日はどこから」を始め、
合計4曲では作曲も担当し、椎名林檎、細野晴臣、大貫妙子らからの
楽曲提供を受けて完成。
今年は紅白歌合戦の出場も決まっているので
久しぶりに小田和正の特番以外でテレビで「歌手・松たか子」の姿が見られるな。




元気ハツラツゾンビ

こんにちは。
ご訪問ありがとうございます♪




昨日よりSDBH大会は4thシーズン開幕♪




我が家も早速出張ってきました♪




やや遠征した小学生会場は定員割れニヤニヤ




前回は初使用デッキで初戦負けでしたので、
今回は過去の使用デッキから勝率高い、

ザ・ゾンビ

としました(^^;





ではチョー簡単レポです♪




初戦
お相手はかなりの確率で参戦会場が被る兄弟の弟くん。
毎度厳しいデッキを構築してくる印象ですが、
ノンアバの17号、ダーブラゼノ、キョアックマンの必殺封じに大魔王など入れたやはり厳しいデッキあせる
こちらはゾンビなので攻撃は控えめにエナジーを貯めてと進めようとしたらば、お相手に奇襲持ちが滝汗
必殺は打てず、復活も1回しか組めず汗
代わりに大魔王を喰らい初戦敗退ダウン




ホントに短い簡単レポとなりました汗




2戦連続の初戦敗退ですえーん
これはスランプ!?いや今までが奇跡!?




次男はそれほど痛手でもないという様子でしたが、私が納得いかなかったので(爆)、次の会場へGO。ハシゴとしました。




では続きます♪








-----

スポンサーサイト

  • 2017.12.13 Wednesday
  • 08:40
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM